ノコギリハギ シマキンチャクフグ 似てる │沖縄ダイビングサービス lagoon(ラグーン)

ノコギリハギ シマキンチャクフグ 似てる 

天気
曇り/雨
気温
20℃
水温
21℃
4~5m
透視度
15m
開催メニュー
崎本部ゴリラチョップファンダイビング
崎本部ゴリラチョップ
はいさい!!

本日は、大雨と強い東風の影響で万座近海はお休み
朝から切り替えて、崎本部ゴリラチョップ遠征ダイビングに行ってきまし
崎本部ゴリラチョップ
砂地で「サラサウミウシ」を発見


崎本部ゴリラチョップ
生憎の天気でしたが、海の中はバッチリキレイ

崎本部ゴリラチョップ
珊瑚で休憩中の「アカメハゼ」
上手にバランスとってますね
崎本部ゴリラチョップ
こちらの魚は「ノコギリハギ」
幼魚は緑色で人気の魚です。

と、ここまで書いて海ブログ公開したのですが、間違ってましたので写真2枚追加で訂正させてくださいm(__)m
タイトルも変更
シマキンチャクフグ ノコギリハギ
上の写真を拡大すると・・・
背鰭(せびれ)と尻鰭(しりびれ)の形が扇形になっているのが確認できます!これはフグの特徴ですので「ノコギリハギ」ではなく「シマキンチャクフグ」が正解でした。
シマキンチャクフグ ノコギリハギ
ちなみに「ノコギリハギ」の背鰭、尻鰭を見ると体半分ほどを覆う長い鰭が分かりますね!見た目がとても似ているためプロでも見落としますが、これには理由があるんです。
ノコギリハギは毒魚(フグ)に擬態する事で外敵から襲われにくいと言われています。同様に毒魚に擬態していると考えられる魚たちがいます。こういった視点でフィッシュウォッチをすると楽しみも増えますよ♪

本日も笑顔溢れる一日となりました♡ありがとうございました♡

本日のお客様のご利用メニュー

崎本部緑地
沖縄本島の北部(本部町崎本部)にあるビーチスポット 北風が強く恩納村エリアのボート欠航となった際によく利用するポイント。 写真のようにゴリラがチョップしているように見える岩が特徴でダイバーからは『ゴリラチョップ』と呼ばれている。駐車場やコインシャワー等が完備された『崎本部緑地公園』(さきもとぶりょくちこうえん)が整備されて使いやすくなった。 遠浅の海中はソフトコーラルの群集やきれいな砂地が広がっていて、生物も豊富。ダイビングだけでなくシュノーケルも安心して楽しめるポイント。

お知らせ

新型コロナウイルス感染防止対策(2月8日更新)