万座エリア 生き物調査ダイビング │沖縄ダイビングサービス lagoon(ラグーン)

万座エリア 生き物調査ダイビング 

天気
晴れ
気温
34℃
水温
28.2℃
東の風
1m
透視度
15m
開催メニュー
調査ダイビング
セダカカワハギ
はいさい!

お盆も終わり沖縄の夏もひと段落
お天気も海もいいのでスタッフみんなで研修と調査を兼ねてダイビングに行ってきました
どこで何が見れるのか、空いた時間に調査をしています!

今回は調査で見た万座エリアでよくみられる生物をスタッフを交えながらご紹介していきます。
TOPの写真は体長10mmくらいのセダカカワハギの幼魚
幼魚シーズンに出会えるかわいいお魚です。

バブルコーラルシュリンプ
お次はミズタマサンゴなどで見られるエビ
バブルコーラルシュリンプ
万座エリアの生き物をどんどん覚えている新人スタッフkaiseiが紹介してくれました!

オウゴンニジギンポ
次はアイラインが特徴的なオウゴンニジギンポ

イナセギンポ
オウゴンニジギンポにそっくりイナセギンポ
イナセギンポはたらこ唇とモヒカンのような背びれが特徴
見分ける際はココに注目です

ハタタテハゼ
いつもは何気なくみている魚もじっくり見ていると新しい発見があるかも??

ハタタテハゼ
ハタタテハゼ
万座エリアならほとんどの場所で見ることのできる普通種
ペアでいることが多く、背びれの動きがかわいい♪
アオギハゼ
同じハゼの仲間でいつも仰いで泳いでいるアオギハゼ

岩陰やオーバーハングの下など暗い場所に群れでいることがほとんど
光を当てればカラフル!
よくいるハゼですが、気にしてみないと気付けないかも?
ナカモトイロワケハゼ
最後は決まった場所にしかいないナカモトイロワケハゼ
水深も深いので、誰でも見れるわけではありませんがハゼ好きやマクロ好きのダイバーには大人気の魚です
ゆっくり近付かないとすぐに隠れてしまうので注意!!

今回ご紹介したのは万座エリアで見られる生物の極々一部!!

もちろんずっと見られる生き物もいれば時期的な生き物もいるので、見たい生き物がある方はお申込みの際どんどんお知らせ下さい!

本日も笑顔溢れる一日となりました♡ありがとうございました♡

お知らせ

新型コロナウイルス感染防止対策(8月14日更新)
725855a40fb857f3f69519cb74249d5d
サンゴ植付け代行サービス(恩納村特産品付き)
自宅でPADIオンライン学習
自宅でPADIオンライン学習