ハナヒゲウツボ│沖縄ダイビングサービス lagoon(ラグーン)

ハナヒゲウツボ

天気
晴れ
気温
32℃
水温
27.4℃
北東の風
3mうねり
透視度
15m
開催メニュー
ファンダイビング
ファンダイビング
はいさい!!
近くの熱帯低気圧で、北風が続いております沖縄本島でございます
14日のファンダイビングは、ボートで万座近海に(3本中2本砂地ポイントです)
15日は、無理せず北部へ遠征し、「石切」で2本潜ってきました

この「石切」にいた、ハナヒゲウツボについて今日は少しご紹介したいと思います

写真は、後程掲載しますが、ハナヒゲウツボって実際どういう生物なのでしょうか
まず、大きさは最大で、「1,3m」他のウツボより細長いのが特徴
そして、一番わかりやす特徴でいうと、見た目(色)ではないでしょうか

掲載している写真は、簡単に言うと、
黒が幼魚、青が成魚(雄)、黄色が成魚(雌)となります

ハナヒゲウツボは、性転換するそうで、青までの間がオス、ここからさらに成長し、
身体が黄色になると、メスになるそうです
人間でいうと、30歳過ぎくらいから女性になってくる感じですかね
このメスはあまり見ることが出来ないので、見れるととてもラッキーです

という訳で、ハナヒゲウツボを確認したのが、15日の本部に遠征に行った時なので、
14日のファンダイビングの様子を合わせてご紹介します
クロスライン
14日の万座では、万座コーラル、ナカユクイ、クロスラインの3本
本部 石切
15日の石切は、お二人とご一緒してきました
ハナゴンベ
14日のダイビングでは、波はありましたが思っていたより水中のコンディションが良かったです
カミソリウオ
生物たくさん見れました
ニシキフウライウオ

ナンヨウハギ
石切ポイントに、ドリー発見
一匹だけカワ(・∀・)イイ!!
ハナヒゲウツボ 幼魚
そして、こちらがハナヒゲウツボの幼魚
ハナヒゲウツボ 成魚
これが成魚(オス)
ハナヒゲウツボ メス
最後が、黄色のメスです(これだけ今回撮った写真ではありません
ノコギリハギ 幼魚
最後はおまけの、ノコギリハギの幼魚
大きさも、2,3cmくらいで少し見ずらいですがとてもかわいいです

海の生き物っておもしろいですね


本日も笑顔溢れる一日となりました ありがとうございました

b654ca899ff78f82330f020e7e9442fc
夏休み自由研究知ろう!学ぼう!楽しもう!サンゴの不思議コンテスト開催
夏休み期間中に当店のサンゴメニューにご参加のお客様を対象に自由研究のご応募お待ちしております
詳細はこちら