生物多様性│沖縄ダイビングサービス lagoon(ラグーン)

生物多様性

天気
晴れ
気温
33度
水温
28℃
南東
1.5m
透視度
10m~20m
開催メニュー
サンゴ畑シュノーケル
サンゴ畑 シュノーケルブログ
はいさい!!
本日もサンゴ畑に行ってきました
このサンゴ畑という豊かな海で、たくさんの生き物が住んでいる(生物多様性)
という事を今日はご紹介しようと思います

今現在まで、養殖でサンゴの数を増やしてきましたが、まず問題なのが養殖で増やして、
生態系に影響を与えてしまうのではないかという事

しかしこの問題は、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者の方が、
サンゴの遺伝子を調べる等の研究を行なった結果、
現段階では、養殖(クローン)でも、生物多様性が認められることが証明されてます

今日も、ご参加いただいた皆様に、たくさんのサンゴや、生物を見ていただきましたが、
本当に、たくさんの生き物がサンゴ礁の海には住んでいるんだなと改めて感じ、
ご参加の皆様にも楽しんでいただきました
サンゴ畑 シュノーケル
このたくましく生きているサンゴ達が、豊かな海を作ってます
サンゴ畑 シュノーケル

アオヒトデ
サンゴ畑には、ヒトデもたくさんいます特に目立つのがこのアオヒトデ
ヒレシャコガイ
こちらは、ヒレシャコガイサイズがかなり大きくなる事と、側面にヒレがあるのが特徴です
ちなみに岩の間に挟まるようにいるのが、ヒメシャコガイです

ブダイ
沖縄で有名な魚と言えば、このブダイブダイの中でも、好んでサンゴがある場所で生活する種類もいます
ヒザラガイ
この写真に、貝がいるのがわかりますか(ちょうど真ん中くらい) これは、ヒザラガイという貝で、恩納村では、「クジマ―」と呼ばれています
下ごしらえは大変ですが、とてもおいしいです
ちなみに、こちらの貝は、「うんな岳」というお店で食べることができます
カクレクマノミ
最後は、みんな大好きニモの写真で
もちろんこのニモも、サンゴ礁に住む生き物の一種です
海の生物全体を見ると、約25%の生き物がサンゴ礁に頼って生活をしてます
そして、魚類に関しては、約50%です

そんな、海の生物にとってとても大切なサンゴ礁の海が、なくなってきていることは、
ご存知の方が多いとは思いますが、この問題は現在進行形です

最近、環境の問題についてLagoonスタッフも勉強してますが、
勉強すればするほど、衝撃的な事実ばかりです

このサンゴを通して、皆様にお伝え出来ることはしっかり伝えていこうと思ってます

興味がある方は、是非当店のサンゴメニューにご参加下さい

熱が入り過ぎて、ブログが終わらなくなりそうなので、この辺で終わります

本日も笑顔溢れる一日となりました ありがとうございました

b654ca899ff78f82330f020e7e9442fc
夏休み自由研究知ろう!学ぼう!楽しもう!サンゴの不思議コンテスト開催
夏休み期間中に当店のサンゴメニューにご参加のお客様を対象に自由研究のご応募お待ちしております
詳細はこちら