HOMELagoonの海日記 >PADIレスキューダイバーコース

PADIレスキューダイバーコース

レスキューダイバー

はいさい

本日レスキューダイバーの認定が無事終了しました

参加者は沖縄在住のS平ちゃん

お仕事で海に潜っているのでダイビング経験は豊富ですが、

今後の為にも人を助ける知識、スキルを習得したいという思いで

PADIレスキューダイバーコースに参加されました

実は6月から講習は始まっていて、本日全てのカリキュラム終了しました

プライベートビーチ

こちらのキレイなビーチで主に講習を行ないました

一般の海水浴のお客様には事前に「人を助ける講習をします」

と伝えとかないと本当に救急車を呼ばれてしますので注意が必要です(笑)

溺死役や救助者役など役割分担して行うので写真はあまり撮ってられませんが、

講習の様子を紹介します

池野レスキュー

意識不明の山本を池野が担ぐ

山本レスキュー

今度は山本がS平ちゃんを担ぐ

レスキュー講習

S平ちゃんが山本を担ぐ

レスキューダイバー

足が砂に埋まってかなりシンドイスキルです

最初は失敗してしまったけど持ち方を変えて成功

パニックダイバー

パニックダイバーの山本

あなたはどのように助けますか

パニックダイバー

正面からアプローチせず水中、または背後からアプローチして助けます

意識不明ダイバー

呼吸をしていない意識不明ダイバーの対応

陸、またはボートまで曳行しながらのレスキュー呼吸と器材の外し

難しいスキルですが反復練習をしてスムーズにできるようになりました

ボートからレスキュー

ボートダイビングのシチュエーションも練習意識不明ダイバーのボートへのエキジットが手こずりましたね

レスキュー講習の内容は体力的にも難しい部分がありますが、大事なのは状況判断能力です

ケースバイケースという事で様々な状況のなかで、そこにある使える物をどう使うか、周りの人に指示をして最善の方法を見つける事

また、自分のバディ、チームが事故にならないようコンディションの評価をして周りのダイバーを気にかける事が重要です

S平ちゃんは「もう一度練習したい」とすごく前向きに講習が出来、内容の濃いものになったと感じています。

今後も経験を積んで、いざという時に正しい行動ができるようにダイビングと向き合っていきましょう

もちろん楽しみながら

レスキューダイバー合格

レスキューダイバーおめでとうございます

最後にオプションでFUNダイビング行ってきました

体験付添のSちゃんも一緒に砂地のポイントへ

ナカモトイロワケハゼ

ビンの中にいたナカモトイロワケハゼ

写真で見たらペアでした

ナカユクイ

浅場のサンゴの近くにはキホシスズメダイが群れててキレイでしたよ

本日も笑顔溢れる1日となりました

ありがとうございました