HOME > 万座毛の洞窟

万座毛の洞窟

万座毛洞窟

万座毛(まんざもう)とは・・・

沖縄本島有数のリゾートエリア、本島西海岸の恩納村にある景勝地。
隆起珊瑚礁等から成る高さ20メートル以上の絶壁に、象の鼻のような形をした岩があるのが特徴。また、美しい夕陽を望めるスポットとしても人気がある。崖の上は天然の芝や海岸性の植物が多く広い空間がある。

そのため、「万人が座れる毛」という名前がついたと言われています。(毛=草原)

 

万座毛の洞窟入口

この万座毛から見える東シナ海は水の透明度が高く、海の底が見えるほど綺麗です。

万座毛は有名な観光地ですが、この万座毛の崖下近くに洞窟がある事は知っていましたか?

その内部は海水と空気があるエアードームとなっていて泳いで洞窟内に入っていくことが可能です。

ここがLagoonおススメスポットの

万座毛の洞窟です!

万座毛 洞窟

入口は大きくはありませんが、中はとても広く、天井は見上げるほどの高さがあります。

奥へ行くほど薄暗くなるため、ライトであたりを照らすと鍾乳石を見ることができ神秘的な自然の力を感じることができる場所。

 

洞窟の中で振り返り入り口を見ると太陽光によって水がく見え、とても幻想的な光景を楽しむことができます!

万座毛

こんな、美しく素晴らしいこの洞窟ですが、万座毛の崖下近くにあるために船でしか近づくことができず、また潮の満ち引きや波高等の条件がそろわないと中に入れないことからあまり有名な場所となりませんでした。


Lagoonでは、恩納村万座の海で潜り続けてきた経験を元に、この洞窟の魅力を皆様にお伝えしたいと思っております。

万座毛の洞窟入口付近魚群

透き通るような透明度

万座毛の洞窟 ボートでしか行けない

万座毛 絶壁の下の洞窟

万座毛の洞窟 青の世界

幻想的な青の世界

ボートでしか行けない万座毛の洞窟

象の鼻を船から眺めるクルージング付

場所

景勝地『万座毛』の崖下近く

当店からのアクセス

目の前の恩納漁港よりボートで約5分

洞窟の広さ

幅高さ奥行ともに真栄田岬(青の洞窟)より大きい

洞窟内

うす暗くなる為スタッフがライトを携帯していきます
鍾乳石、石筍、暗闇を好む生物を観察できる

混みぐあい

ほぼ貸切の為プライベート感あり
※真栄田岬(青の洞窟)では繁盛期を中心に洞窟内が渋滞

透明度

透き通って青く見えることが多い

催行率

夏季・・波が穏やかな日が多く催行率高い

冬季・・北風、西風が吹きやすく催行率低い

魚・生物

洞窟内・・暗闇を好む生物を観察できる
洞窟外・・魚の自然の状態を観察できる

注意事項

洞窟手前に干上るほどの浅瀬があり、潮の満ち引きにより実施時間が異なります。
干潮時:実施不可

満潮時:
実施可

※満潮時でも潮位が低い日は実施不可となります。開催時間は「洞窟カレンダー」をご覧ください。

水深

洞窟内・・0~5メートル
船の下・・3~5メートル

※沖に行けば深い箇所もあります

おまけ

メニュー後の帰りのボートでは、崖下から望める大迫力の万座毛を楽しみながらボートクルージング

万座毛の洞窟に行けるプランのご紹介

お問い合わせはこちら